静内20間道路桜並木

| 未分類 |

春になるとドライブや、行楽に行きたくなりませんか。北海道では長い冬が終わり、雪も解けると楽しみなのが花見でしょう。通例ゴールデンウィークには各地の公園では花見客でにぎわいます。その中で、おすすめなのが、新日高町静内にある二十間道路の桜並木です。札幌からだと、車で約3時間で行けます。少し遠いですが、日本さくらの名所100選にも選ばれるほどの美しい景色を楽しみに毎年たくさんの方が訪れています。この時期にしか見られない約3000千本の桜並木が出迎えてくれます。トンネルのように片側一車線道路の両脇に日本最長のにもなる、約7キロメートルととても長桜並木が続いていて、車からも楽しめます。周りには都会の中の公園とは違い、建物も遮るものも何もなく、桜並木の合間に青空が望め、山脈も遠方に見ることができます。降りると、地元の特産品の出店や、おまつりのような屋台があるので、何も用意しなくても十分に楽しめます。並木以外にも、緑の芝生がありシートを敷いて花見を楽しんでる方もたくさんいます。花見ならお酒が飲みたいとい方には、遠方から行く人のために花見シーズンの為のバスが出ています。ツアーバスで参加される方もたくさんいます。道内でも有名な桜の名所になります。